イベントに欠かせない景品情報

高すぎても安すぎてもダメ

近年はSNSが流行しているので、SNS上で映えるような小物をチョイスしてみましょう。また映えるだけでなく話題性も兼ね揃えた物だと、さらに注目が集まるかもしれません。 SNSで景品の情報をリサーチすることもできるので、上手にインターネットサービスを取り入れてみてください。

お洒落な雑貨が流行中

誰もが喜ぶような景品を選ぶとなると、なかなか難しいですよね。人それぞれ好みがあるので、どんなに人気商品であっても気に入らないという人もいるでしょう。 普段使いできる無難な物でありながら、流行やオシャレ感を取り入れた雑貨などは幅広い年代に喜んでもらえるかもしれません。

おもしろ雑貨も取り入れて

オシャレであっても実用性がない、使いやすい小物だけれど可愛くない物はなかなか喜ばれません。景品は、喜んでもらえる事が何より重要です。 中にはクスっと笑えるような可愛くて面白い雑貨も取り入れてみてはいかがでしょうか。イベントが一段と盛り上がるかもしれませんね。

SNS時代を考える

イベントなどで行われるゲームには、参加賞や優勝商品など景品が付き物です。これらの景品を楽しみに参加している人も少なくはありません。そのため、参加者の期待を裏切らないような景品選びが必要不可欠なのです。
参加者が喜ぶからと、高価な景品を用意すれば良いという訳ではありません。参加者のニーズに合った物で、尚且つそのイベントに見合っている金額で用意する事が大切です。まずは、景品に対する予算を設定しましょう。景品をいくつ用意するのか、1位2位など順位で景品の差をつける場合はそれぞれの予算を細かく設定しておきます。予算を設定しておけば選ぶ景品をある程度絞りやすくなり、イベント全体の予算に対するトラブルも防ぐ事ができるのです。
詳細な予算を設定したら、喜んでもらえるような景品を探していきます。まずは、イベントに来る参加者の年齢層や男女比などを把握しましょう。ターゲットを絞って限定されているイベントであれば、その参加者に合った景品の候補をピックアップしてきます。女性限定のイベントであれば人気のコスメグッズ、若い世代であれば写真映えするような色味の雑貨といった感じで景品を見つけていきます。
老若男女問わないイベントの場合は、日常生活の中で実用性がある雑貨などを選ぶと良いでしょう。また予算に余裕があるのであれば、男性用と女性用など景品が当たった人にその場で対応できるように、いくつかの景品を用意しておく方法もおすすめです。

TOPへ戻る